看護師さんも一緒に移動

昨年末のことですが、息子がひどいマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました。近所の小児科ですぐにマイコプラズマを発見できず、毎日のようにひどい熱&咳の中、点滴に通っていました。マイコプラズマ肺炎は、診断がわかりにくい病気だそうですが、かかりつけだった小児科は「ノロ」だとはっきり言い張って薬もノロの薬が処方されていたため、症状も悪化していったのでしょう。息子は2週間ほどでようやく治ったのですが、弟もマイコプラズマにかかってしまいました。今度はその小児科はやめて総合病院にいったのですが、そこで出会った看護師さんがとても親切。マイコプラズマの疑いがあるということで、先生の診察時にすぐに診断されるようにと、診断まえにレントゲンを撮ってくれるという行動の素早さにも惹かれました。先生も女医さんだったのですが、テキパキした対応で早く治すことができるようにとても親身に診察してくれたよい先生でしたよ。看護師エージェント 転職を利用するのに料金はかかりません。

レントゲンの結果、肺炎になっていましたが、肺炎の薬とその日に行なった点滴のために2〜3日で完治。点滴中も親切に子供たちに接してくれた看護師さんに感謝。これからはこの病院をかかりつけにしよう!と決めたのですが、数ヵ月後なぜか病院内から小児科だけが駅前に移動になってしまいました。駅前のほうが駐車場もなくとても不便なのです。ショック!あの看護師さんも一緒に移動してしまったのか、それとも辞めてしまったのかとても気になっています。看護師さんは仕事ができるだけでなく、気持ちも優しくなければ良い看護しさんとはいえない気がします。熱がありしかも痛い点滴をすることになったことに不安を感じていたわが子も、あの子供にやさしく親切に接してくれた看護師さんのおかげで痛い点滴も我慢できたようです。近所の総合病院の小児科はなくなってしまったけれど、もう1度あの看護師さんと会いたいなと今でも思うことがあります。

このページの先頭へ戻る